ディズニーリゾートが大好き!旅して暮らすディズニーブログ。

ディズニー旅行宿泊記 

毎日22時頃に(できる限り)更新中

ミゲルズエルドラドキャンティーナ

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

投稿日:




ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

東京ディズニーシーのロストリバーデルタにあるメキシカンなレストラン『ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ』の言葉の意味が気になったので調べてみました。
ハンバーガーやタコライス、アボカドディップのコーンチップスなどが食べられるお店です。
メニューも併せてご紹介しますね。

映画のリメンバーミーの主人公と名前が同じですがディズニーシーオープン当時からあるお店で一応直接的には関係がありませんが、イベントの際などにはリメンバーミーのデコレーションやメニュー、スーベニアが楽しめるときもあります。
上の画像はまさにリメンバーミーとコラボしていた際の外装です。

またJCBディズニーカードの抽選に当たるとミッキーやミニーちゃんとグリーティングできるレストランでもあります。
その辺りも併せてご紹介しますね。

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

ミゲルズエルドラドキャンティーナはロストリバーデルタというインディージョーンズやミッキーたちのグリーティングトレイルがあるエリアに位置したレストランです。

場所としてはハンガーステージのすぐ隣、ドナルドのグリーティングの上(隣)に位置しています。
結構大きなレストランで、席数は約620席!

屋内の席がメインですが、外にも川沿いに少し席があります。

お店のストーリーは

陽気な仲間たちが集うレストラン

伝説の黄金郷(エルドラド)を探し求めてやってきた人々が集まるメキシコ料理が自慢のレストランです。オーナーのマイケル(スペイン語読みでミゲル)も、かつて一獲千金を夢見てこの地を訪れたひとりでした。彼は宝の山を見つけることはできなかったけれど、仲間たちの安らぎの場をつくることで見事に成功をおさめたのです。
公式サイトより引用

このようになっており、最近知った方だとリメンバーミーのミゲルと何か関係があるのかな?と思うかもしれませんが、オーナーは別人のミゲルさんです。

ただこのストーリーだけではお店の名前の意味がよくわからなかったので色々ググって調べてみました。
まず正しくは『Miguel's El Dorado Cantina』と書きます。
ここから紐解いていくと・・・

まず、『ミゲルズ』は、そのままの意味で『ミゲルの』という意味ですね。
ミゲルは上の公式の文章にもあるように、オーナーのマイケルさんのスペイン語読みの名前です。

つまり『オーナーマイケルの』という意味にもなりますね。

続いて、『エルドラド』ですが、これは『伝説の黄金郷』という意味があります。

より詳しくみていくと正しくは『 El Dorado (エル・ドラード)』というスペイン語です。

wikipediaによると、

大航海時代にスペインに伝わったアンデスの奥地に存在するとされた伝説上の土地
語源は16世紀頃まで南米アンデス地方に存在したチブチャ文化(ムイスカ文化)における「黄金の人」の意味の言葉。
wikipediaより引用

となっていました。

どうやらこの伝説をもとにして映画が海外では何度も制作されているようです。

最後の『キャンティーナ』とは、『cantina 』と書き、調べたところ主にアメリカ南西部のバーや酒場、もしくはイタリアのワインショップという意味がありました。
このお店の背景から考えると、アメリカ南西部のバーや酒場という意味で考えるのが妥当かな、と思います。

これらを統合して考えてみると

・オーナーマイケルの(ミゲルの)
・伝説の黄金郷のバー(酒場)

という感じでしょうか。

ここでポイントとなるのが公式のストーリーで、『彼は黄金郷を探していたけれど見つけることはできなかった』『でも、仲間たちの安らぎの場を提供することで見事成功を収めた』というところではないでしょうか。

ミゲルにとって、このレストランは黄金郷のような、今ではそれに匹敵するような価値のあるお店であり、このお店で安らぐことができる仲間たちにとっても大切な価値のある場所になっている、という意味なのかなぁと・・
あくまでも勝手な解釈ではありますがレストラン名から考えてみるとそんな考え方もできるのではないかな、と思いました。




スポンサーは?

ちなみに、スポンサーも気になったので調べてみたのですがスポンサーなしということになっているようです。

ドリンクを見てもコカコーラもあるし、キリンもあるしなので確かにどこ、と決まってはいないようですね。

メニュー

ミゲルズエルドラドキャンティーナのメニュー

続いてメニューもご紹介しますね。
※季節によって変わりやすいので、一例としてご紹介します。
詳しくは公式サイトで確認してください。

ミゲルのおすすめプレート

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

まずこちらが『ミゲルのおすすめプレート』です。
オーナーミゲルのおすすめということですね。

内容はタコライス ブラックペッパーポーク添えとドリンクのセットです。
単品も可能で、セットだと ¥1,580、単品だと ¥1,370となっています。

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

肉厚なベーコンとタコライス、サラダ、チリソース。
このベーコンがとってもジューシーで食べ応えがあります。
チリソースが辛いのでお子さんには無理かもしれません。
タコライスはお子さんでも食べやすいかと思います。

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

ごはんはターメリックライスかな?
ドナルドの形になっていてとてもかわいいですよね。

メンチカツサンド

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

もう1つ、メインとして『メンチカツサンド』が販売されています。
こちらはセットだと1080円、単品だと700円です。

中にメンチカツとキャベツが入った美味しいハンバーガーです。

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

セットの場合はこのように、フレンチフライポテトとセットドリンクがつきます。
ドリンクは+料金でアルコールに変更も可能です。

スパイシースモークチキンレッグ

また、ディズニーリゾートではおなじみのチキンレッグも販売されています。
こちらもセットにできて、ポテト、ドリンク付きで880円。
単品の場合は500円です。

カップサラダ

ハングリーベアレストランの美味しいカレー。おすすめメニューも紹介!

またこちらもディズニーでは同じみのカップサラダも350円で販売しています。

ミニトマト、パプリカ、レタス、コーンなどのサラダです。

コーンチップス、アボカドディップ

おつまみにもいける、アボカドディップにコーンチップスがついた軽食も販売されています。
メキシカンなメニューですよね。

お値段は350円です。

フラン、ドナルドのスーベニアケース付き

デザートにはフランというプリンのようなスイーツが販売されています。

メキシカンなドナルドのスーベニアケースつきで880円です。

その他、季節のスーベニア付きメニューなども販売されています。

ソフトドリンク

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

カウンターサービスのお店なので、バケパ利用の際にはフリードリンクチケットでドリンクを無料で注文することができます。
なので、バケパの方は単品注文のほうがいいかもしれませんね。

ソフトドリンクのメニューはこのようになっています。

紅茶 ¥290
ウーロン茶 ¥290
ミルク(紙パック) ¥190
アイスウーロン茶 Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
アイスコーヒー Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
オレンジドリンク Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
キリンアップルティーソーダ Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
コーヒー Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
コカ・コーラ Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
ファンタ ゴールデンサイダー Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350
メロンソーダ Sサイズ ¥290/Mサイズ ¥350

※ミルク紙パックはバケパの券では注文できません。

アルコール

シーなので、アルコールの販売もあります。

キリン一番搾り生ビール ¥600

このほか、季節のカクテルなども販売しています。
カウンターと反対側にアルコールカウンターがあるので、そちらで入れてもらうスタイルです。




JCBグリーティングの場所でもある

ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とは?メニューも紹介するよ。

さらに!このミゲルズエルドラドキャンティーナはJCBディズニーカードの抽選で当選すれば、ミッキーかミニーちゃんとグリーティングできる場所でもあります。

ちなみに当選グリの際はお店がオープンする前に開催なので、ほかのお客さんがいないところでグリすることができます。
このグリーティングは特別な衣装のミッキーたちに会えますし、グリの時間もたくさんとってもらえるのでかなりおすすめです。

月に何度か開催されていて、日にちを選んで応募できるのでカードを持っている方はおすすめですよ。
JCBグリのことはこちらの記事でも触れているのでよろしければご覧ください。

ラフな雰囲気で気軽に楽しめるお店なので、混雑している日にもおすすめですよ。

個人的にはおすすめセットがかなりおすすめです。

以上、ミゲルズエルドラドキャンティーナの意味とメニューのご紹介でした。




店舗情報

場所:ロストリバーデルタ
サービス:カウンターサービス
PSの有無:なし
席数:約620席

東京ディズニーシー 公式サイト

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

ザンビーニのメニューと営業時間
ザンビーニのメニューと営業時間。テラス席は眺めが最高です。

東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーにあるレストラン、『ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ』のメニューと営業時間をご紹介します。 ハーバーの前にあり、ワイナリーを改装して作られたというレス ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもおすすめです。

-ミゲルズエルドラドキャンティーナ

Copyright© ディズニー旅行宿泊記  , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.